炭焼コーヒーの魅力

炭焼コーヒーの魅力

美味しいコーヒーを飲むにはまず生豆を焙煎してから豆を挽いて、最後に水やお湯でドリップする必要があります。この過程の中で大きく風味を決めるのが焙煎です。生豆自体には香りや味はほとんどないのですが、焙煎する事で豆の水分を飛ばして、風味が生まれます。味は焙煎の時間や手法によって変わり、時間をかければかけるほど濃い味になります。薄味を楽しみたい人は焙煎の時間を短くし、酸味が欲しい場合はそれより少し長めにします。酸味と苦味が丁度良いバランスにしたい場合は中ぐらいの時間にし、苦味を楽しみたい場合は焙煎の時間をたくさんとります。
また何で焙煎するかによっても味が変わってきます。焙煎は電気やガスを使って行っても良いのですが、炭焼きで行うと炭が発する熱と強力な遠赤外線によって焙煎をする為、非常に味わい深い香ばしい風味を楽しむ事が出来ます。
さらに炭焼きは乾燥に優れていて、均一に豆の水分を飛ばす事が出来たり、豆の内部まで熱がしっかりと浸透するのできれいにふっくらと焼き上げる事が出来ます。焙煎は如何に水分を抜くかが重要なので、こうした炭焼きの特徴は大きな魅力の一つです。
一般的に炭焼きコーヒーというと苦いイメージを持っている人もいますが、そんな事はありません。炭焼きコーヒーは一般的なコーヒーに比べて濃くなる傾向があるので、じっくりと味わいたい人にはまさにうってつけです。
炭焼きでも備長炭を使ってじっくり焙煎してから豆を挽くと花みたいな香りがまわりに立ち込めて、味も苦味だけでなく甘みや上品なコクを楽しむ事が出来ます。
他にも、炭焼きコーヒーは豆が劣化するのを防いでくれる役割もあります。炭は燃える事で大量の一酸化炭素を発生させますが、この一酸化炭素が豆の酸化を遅らせる効果がある為、劣化しやすいコーヒー豆の賞味期限を長くしてくれるというのも魅力です。
炭焼きはコーヒー専門店だけでなく、自宅でも行う事ができます。市販されているコーヒー生豆を炭を使って焙煎すれば誰でも味沸く事が出来るというのも大きな魅力です。


このページの先頭へ戻る